2006年05月31日

方向音痴

 なぜか今、ゴムの木くん2号改の根元付近から、根っこが生えてきています。

 それも、上に向かって。
どこへ行く気だ
 わかりづらいかと思いますが、右はその写真。

 白い楕円で囲んである、うにょろとした白っぽいモノが問題の根っこです。

 左下から右上に向かって伸びてゆこうとしています。

 この根っこがどこへ行こうとしているのか、
 2号改がいったい何をしたいのか、
 さっぱりわかりません。

2006年05月30日

気になる存在、黒飯

 ここ数年来、押麦を混ぜてご飯を炊いています。
 たまーに自分のなかの何かが覚醒し、突如として健康志向になったりすることがあるワタクシ。押麦は数年前の覚醒時に初めて買いました。
 食べてみたところ、食感が凄く好みで。
 以来、(健康になったかはさておき)我が家のご飯に押麦は欠かせぬ存在となったのです。

 そんなワタクシの耳に、はくばくの十六穀ごはんが美味しいという噂が届いて参りました。
 覚醒しました、健康志向。
 押麦だけでも何となく健康な感じなのに、16種類も入っているとは、もうどれだけ健康なんだと。

 早速、炊いてみたところ、ほんのりお赤飯色。
 お赤飯よりやや黒味がかっている感じかな。
 とにかく、赤飯好きの私の食欲をそそる色です。

 そして。
 十六穀ごはんを前にした旦那さんが、ふと思い出したように言いました。
「こっちには黒飯ってないの?」
「コクハン? って何?」

 黒飯とは、北海道でお葬式のときなどに食べる、黒豆の入ったご飯なんだそうです。
 慶事のときは赤飯。弔事のときは黒飯。

 初めて聞きました、黒飯。
 赤飯好き(&豆好き)には見過ごせない存在です、黒飯。

 気になったのでちょっと調べてみたところ、「黒飯が好きだ!」というかたはけっこういらっしゃる様子。
 しかし、皆さん一様に「好きだけど不謹慎だからあまりおおっぴらには言えない」と。
 うう〜ん。北海道に行っても、食べてみたいと気軽に言えるものではなさそうですね。残念。
 All Aboutドライパックの黒豆で作る黒飯の作り方が出ていたので、今度作ってみようかな。

 あ。忘れてた。
 十六穀ごはんですが、美味しかったです。今夜も炊きます。
posted by nakaji at 16:09 | Comment(0) | TB(0) | 雑記>飲食物

2006年05月29日

甘くないぜ

  昨日の日記に書いた「マウンテン・デュー」は「懐かしい〜!」と飛びついたものですが、実は今、我が家にはもう一品、私が飛びついて買った飲料があります。
 これは「沖縄〜!」と飛びついたもの。

 伊藤園の「Natural Sparkling シイクワシャー」。

 無糖炭酸水なんですって。
 甘くないのはいいですね。

 でも、口にした瞬間は物凄い違和感がありました。
 無糖だとわかっていても、具体的にどんな味か想像できていなかったのですね、私。
 と言うかむしろ、サイダーとかコーラとかの甘さがイメージされていたような気がします。
 なので、味がないことにびっくりしてしまったと。

 いや、よくよく飲んでみればすっぱいんですよ。シイクワシャーですから。
 でも、炭酸だし、甘くないしで、最初は「味がない」と感じてしまったわけです。

 「無糖である」ということを、よーく自らに言い聞かせてから飲まないと、「なんだこりゃ」になってしまうこと請け合いです。そんなこと請け合ってもしょうがないですが。

 何はともあれ、甘くないのはワタクシ的に非常によろしいです。
 でも、そのまま飲むよりは、泡盛を割るのに使うほうがいいような気がしました。
 もう1本あるので、それで泡盛を割ってみようと思います。
posted by nakaji at 16:17 | Comment(0) | TB(0) | 雑記>飲食物

2006年05月28日

山の露

「うわ〜! 懐かしい〜!」
 と、思うものは皆、好ましいものなのです。
 べつだん好ましくも何ともないものは、「ああ、何かそんなのもあったね」程度。
 少なくとも、私はそう。

マウンテン・デュー その私が先日、「懐かしい!」と思って即買いしたのがこちら。→

 マウンテン・デュー

 昔、飲みまくっていた時期がありました。
 これはガラスの瓶ですが、以前は変な、ダルマみたいな形のペットボトルで売っていたような気がします。

 マウンテン・デューを初めて飲んだという旦那さん曰く、
「開けた瞬間から(炭酸の)気が抜けてる感じ」

 いいんだ。それがマウンテン・デューなんだ。
 マウンテン・デューは微炭酸なのですよ。

 すごく懐かしい味。
 でも、トシとともに甘い飲み物が苦手になってしまったので、以前のように飲みまくる気にはなれなかったのが残念。

 懐かしい繋がりで、次はチェリーコークが飲みたいなぁ。
posted by nakaji at 13:59 | Comment(4) | TB(0) | 雑記>飲食物

2006年05月27日

WiiとPS3

 数日前の話ですが、任天堂の次世代機、Wiiの価格が25000円以下だと発表されたようです。
 一方、SCEの次世代機、PS3の価格は税込62790円。
 しかも、これって廉価版のほうだそうで。

 この値段だけでも、任天堂の勝ち。
 6万円って、ゲーム機の値段じゃないです。
 ゲーム以外の機能も装備しているらしいですが、うちはゲーム以外の機能は欲していませんから。
 今だって、PS2はDVDが見られますけど、見たことありませんし。
 スポニチの記事によると、任天堂の森専務という方が「ゲームに必要のない機能をユーザーは求めていない」とおっしゃったそうですが、まさにそのとーり!
 ゲーム機はゲームだけ出来ればいいんです。

 加えて言うなら、私はグラフィックの綺麗さもそんなに求めてはいません。
 そりゃあ綺麗なのに越したことはありませんが、今のPS2程度でも充分だと思っています。
 絵だって、私はドット絵で全然OK。
 変にリアルなキャラより、デフォルメされたキャラのほうが、愛着がわきやすいですし。

 我が家はスーパーファミコンを最後に任天堂機は買っていないのですが、次世代機で任天堂に帰りそうな雰囲気。
 Wiiはダウンロードすることでスーファミやメガドライブのソフトも遊べるそうなので、それも非常に魅力的。
 旦那さんは、ポピュラスがやりたいと言っています。
 私は、サンバdeアミーゴがやりたいです。ドリームキャストだけど。

 とまあ、そんなわけで、価格及び発売日の正式発表が楽しみなWiiです。
 PS3は……どうしてもやりたいソフトが出ない限りは、ちょっとね。
posted by nakaji at 15:44 | Comment(0) | TB(0) | ゲーム>Nintendo