2005年12月31日

年取り(帰省4日め)

 旦那さんの実家では、大晦日におせち料理を食べます。
 おせちというのは、三が日に主婦が働かなくていいように作るものだと聞いた覚えがあったので、最初は「ええっ! もう食べちゃうの?」とかなりびっくりしました。

 この「大晦日におせち」は北海道の風習なのか旦那家の風習なのか訊いたのですが、旦那さんも知らないとのこと。
 調べてみたところ、どうやら北海道の風習のようです。

 また、私は旦那さんの実家で初めて「年取り」という言葉を聞きました。
 意味を改めて訊ねたことはないのですが、文脈から推し量るに、大晦日のことをさすようです。そして、大晦日におせちを始めとする御馳走を食べることも同じように「年取り」と呼んでいるようです。

タラバガニ と言うわけで、年取りの写真。
 カニだけど。

 カニカマみたいなタラバガニ。
 ……などと言うのはタラバに失礼ですが、でもカニの足の身が、するする〜って出てくると、どうしても「カニカマみた〜い♪」と言ってしまうワタクシなのでございます。

 大晦日の夜は年取りの御馳走を堪能しつつ、K-1とPRIDE(兄夫婦が格闘技好き)と紅白歌合戦(両親が氷川きよしファン)をザッピング観賞。

 布施明が『少年よ』を歌うと新聞に出ていたので「響鬼、出ないかなー」なんて言っていたのですが、ホントに出てびっくり。
 響鬼ばかりか威吹鬼に轟鬼、魔化魍まで出てきちゃって、歌ってる後ろでライダーショー状態。
 しまいにゃヒビキさん登場。何でもアリなのかN○K。

 響鬼ファン的には嬉しかったけど、布施明的にはどうだったんだろうと思った年の暮れ。
posted by nakaji at 00:00 | Comment(0) | TB(0) | 旅日記>北海道

2005年12月30日

フレンチドッグ(帰省3日め)

フレンチドッグ 以前、道東にはフレンチドッグなるものがあるそうだと書いたことがあります。
 今回の帰省で、それを食することができました。

 上記の記事にも書きましたが、フレンチドッグとは「外見はアメリカンドッグで、中身は魚肉ソーセージ。そして衣には砂糖がまぶしてある」もの。
 聞いたときには「なんじゃそりゃー!」と思いましたが、道東ではポピュラーな食べ物だそうです。

 実際、スーパーでフツーに売っていました。
 自分で好きなだけパックに入れる方式のお惣菜売り場に、それはもうフツーに。
 あまりにもフツーに陳列されているので、今までその存在に気づかなかったものと思われます。

 お味は……衣が甘いアメリカンドッグ。
 なんかイマイチ感動がないなぁと思ったら、その店のは中身が魚肉ソーセージではなかったのでした。
 衣の砂糖もさることながら、中身の魚肉ソーセージに多大なる期待をしていたのでちょっぴりがっかり。
 来年は違う店で買ってみよう。

ママさんダンプ さて、ここで写真をもう1枚。
 昨日の分に載せようと思っていたのですが、うっかり忘れました。何か最近、忘れっぽくてヤバいです。

 雪に突き刺さっているのは、雪国の必需品「ママさんダンプ」。

 今年は本当に雪が多いそうです。
 私も、ほんの1週間ずつとは言え十数年にわたって冬の北海道を体験しているのですが、ここまで雪が多いのは初めてでした。
 旦那さんの実家は海沿いの町なので、今年は冬のオホーツク海を撮りに行くかと思っていたのですけれども、自主的に却下しました。
 だって、冬の海風って、ただでさえ耳がちぎれるかと思うほど冷たいんですよ……

 それにしても、12月でこの量じゃ、2月や3月になったらどうなっちゃうんでしょう。心配です。
posted by nakaji at 00:00 | Comment(0) | TB(0) | 旅日記>北海道

2005年12月29日

朝から(帰省2日め)

 旦那さんをはじめとして、旦那家の人々はイクラをあまり食べません。義母がちょっと食べるくらい。
 でも、帰省すると必ず、凄い量のイクラがどどーんと準備されているのです。

いくら御飯 そう。それは私のために用意されたイクラ。
 私は幼い頃、イクラの食べすぎで消化不良を起こし、死にかけたことがある(らしい)イクラ好き。

 で、朝からイクラ御飯。
 いや、むしろ御飯イクラ。
 写真はかなり遠慮気味にイクラを乗せてみました。うわはははははは。

「たくさん食べて行きなさいよー」と言ってくれるお義父さん&お義母さん、本当にありがとう。
 でも、やっぱりひとりじゃ食べきれませんでした。しくしくしく……
posted by nakaji at 00:00 | Comment(2) | TB(0) | 旅日記>北海道

2005年12月28日

猛吹雪(帰省初日)

 毎年、年末年始は旦那さんの実家、北海道で過ごします。
 今までに行かなかったのは1999年のみ。この年の12月29〜31日が聖飢魔IIの解散ミサだったためです。このときばかりは悪魔を優先させていただきました。

 帰省のお土産はほとんどいつも舟和のあんこ玉&芋ようかんのセット。なぜなら、私が食べたいから。
 しかし、今年は東京ばな奈の黒ベエを購入。なぜなら、私が食べたいから――というのは半分本当で、あとの半分は「羽田空港限定」の惹句に見事に引っ掛かったから。美味しかったよ。

 さて、北海道に到着時の気温は−6℃。過去には−13℃なんてこともあったので、この気温はまあまあ普通。
 しかしこの後、全然普通じゃない事態に……

猛吹雪 いつも空港まで車で迎えに来てくれる旦那さんの両親&兄夫婦とともに実家へと出発した時点では「ちらちら舞う」程度だった雪が、いつの間にやら猛吹雪へと変貌。
 その猛威たるや、雪道運転歴ン十年の義父をして「怖い」と言わしめたほど。

 真っ白で前が見えないんですよぅ。
 途中でお買い物をするのに店に寄ったのですが、車を降りて店に入るまでのほんの10メートルくらいの間に頭に雪が積もるのです。

 写真はその店先で撮ったのですが、この1枚だけでギブアップしました。
 いい加減なアングルだけど、撮り直す気力ナシ。無理。こんな中で写真なんか撮ってたら樹氷になっちゃうよ。
posted by nakaji at 00:00 | Comment(0) | TB(0) | 旅日記>北海道

2005年12月27日

恐怖の復活祭・千秋楽

 はあぁ……終わった。終わってしまいました。
 悪魔さんたちのと楽しいひと時。恐怖の復活祭FINAL@国際フォーラム。

 前回参加したオールスタンディング処刑にジェイル大橋元代官は御出演なさらなかったので、ワタクシの目はほぼ元代官に釘付け。
 ああ、やっぱカッコエエ……♪

 しかーし!
 その後、驚愕のスペシャルゲストがッ!
 びっくりして興奮した私は絶叫しまくり、おかげさまで頭痛に。酸欠だ!

 更に、いったい誰が予測できたであろうかという、超スペシャルゲストも登場。
 こっちは今朝のワイドショウでやっていたので、見たかたもいらっしゃるかもですね。
 いや、びっくりしました。最初は本物と思わなかったです。

 ああ、何か上手くまとめられません。って言うか、そもそもまとめようと思ってないんだけど。
 とにかくね、良かったです。信者で良かった。聖飢魔IIと同じ時代を生きられて良かった。
 そういう、いっそ清々しいとでもいうような気分で終演を迎えまして。
 1999年12月31日の解散時には顔を腫らして泣いたワタクシですが「今回は泣かないな」と思ったのです。
 が。
 悪魔さんたちの反則技(だと思う。あれは反則だ!)のおかげで一転号泣。
 半ば思い出し泣きなので、すぐに泣き止みましたが。

 19時開演のところを10分押しくらいで始まったのですが、終わったら23時過ぎてました〜!
 終電を気にしたのって、いったい何年ぶりでしょう。何とか電車で帰って来られましたが、当然のごとく午前様でした。

 ああ、終わっちゃったんだなぁ……
 結局2回しか行かれなかったけど、でも満足しています。
 またいつか(今度はもうちょっと広い会場で)悪魔さんたちに会いたいなぁ。できれば来年。……って言うのは無理でしょうが、でも、サービス精神旺盛な悪魔さんたちのことですから、きっとまた現れてくれると思います。


 さて、ワタクシ明日から旦那さんの実家に帰省いたします。
 なので、年末年始にかけてブログの更新はお休みさせていただきます。
 今年一年、ありがとうございました。

 少々早い気もいたしますが、皆様、よいお年を!
posted by nakaji at 15:28 | Comment(5) | TB(0) | 雑記>聖飢魔II