2005年01月31日

やめてください、所長!

 DDSアバタール・チューナー2、プレイ中です。
 で、話の流れで収容所というところに行きまして、そこの所長に追いかけられました。
 悪魔化した所長が、どすんどすん足音を響かせながら追っかけてくるんだよう。怖いよう。
 聞いた話では、所長が近づいて来るとハァハァという息遣いが聞こえてくるとか……私はテレビの音量を絞っているので、幸いなことにそれは聞こえませんでしたが。

 所長に追いつかれると、捕まって、ふりだしに戻る。
 ようは追いかけっこなのです。
 そして、所長を振り切ってゴールしないと先に進めないのです……とほほ。

 思い出すのは、マニアクスでのダンテとの追いかけっこ。
 あのとき、何度、私の旅もここまでか……と思ったことか。もう2度とごめんだと思っていたのに……悪夢再び。

 ゲーム雑誌に上手な所長の躱し方が載っていたので、何とかクリアできましたが、あれがなければ今頃まだ所長に追いかけられていたかも。
 RPGにアクション要素を入れるのは、ホント勘弁してほしいです。
posted by nakaji at 17:39 | Comment(0) | TB(0) | ゲーム>Sony

2005年01月30日

レンズクリーニング

 私のPS2、復活!
 レンズクリーナーを買って来てお掃除したら、素晴らしく好調にムービーが流れてゆきました。
 汚れてたのね〜。
 また修理に出さなきゃダメかしらと思っていたので、直って良かった♪
 って、実は復活したあとも、旦那さんがいいって言うから旦那さんのPS2使っているのですが。

 ところで、レンズクリーナーを買った大型電器店で、PSPを売っていました。緊急入荷したらしいです。何だろ、それ?
 デモ用のPSPが置いてあったので、ちょっとやってみたのですが、ホントに画面が大きくて綺麗でした。
 買わなかったけどね。
 代わりに(?)PS2の『みんなのGOLF4』を買って来ました。
 いや、デモ用に置いてあったPSPのソフトが『みんなのGOLF』だったのですわ。それで、こういうソフト、気分転換に1本あってもいいよね〜と言う話になりまして。
 今、旦那さんがやっています。
 ふだんはとても静かにゲームをする旦那さんですが、今は「あッ!」とか「おお!」とか「よっしゃッ!」とか、いろいろ声が聞こえてきて、とても新鮮です。
 なんかこっちまで楽しくなります。たとえ旦那さんの言葉が「う〜」だったり「ひぇ〜」だったりしても。と言うかむしろ、そうであればあるほど(笑)
posted by nakaji at 17:34 | Comment(0) | TB(0) | ゲーム>Sony

2005年01月29日

あばちゅー2

 昨夜、ようやく『いたストSpecial』をすべてクリアいたしました。
 最後に使えるようになったキャラは、チョコボとタルタル。クリアのごほうびで、すべてのキャラの職業を変更できるようにもなりました。
 まあでも、全部のマップクリアしちゃったら当分やる気にはならんわなぁ。

 と言うわけで、今日から『DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー2』を始めたわけです。
 前作の続編にして最終作らしいです。うん。面白いんだけど、やっぱ悪魔が出てくるなら合体できなきゃねー。

 で、今はまだ始めたばかりなのでゲームのことは何も語れません。
 だからと言うわけではないのですが、泣き言を言ってもいいですか。
 ムービーの画や音がブッツブツに飛びまくるんですけど。うちのPS2のせいでしょうか……
 いたストやってるときも、DDSの特典DVDを見てるときもそんなことなかったんだけどな……なんか哀しい。
 
B00065G7Q0DIGITAL DEVIL SAGA
アバタール・チューナー2

アトラス 2005-01-27

by G-Tools

 
その後……
posted by nakaji at 17:28 | Comment(0) | TB(0) | ゲーム>Sony

2005年01月28日

古いマンガ

 久しぶりに本屋さんに行きましたら、コミックスのコーナーでびっくりするものを見つけてしまいました。

   『黒い微笑』全4巻 細川智栄子(著) 秋田書店

 何がびっくりって、このマンガ、私が小学生の頃に読んだマンガなのですわ。(ああ、歳がバレる……)
 文庫版なら何も驚くことはないのですが、これはフツーにコミックスサイズで。もちろん古本ではございません。
 何なんでしょう? 今、古いマンガが文庫版でバシバシ出ていますけれども、その流れなのかしら?

 いやあ、それにしても懐かしい。あまりの懐かしさに反射的に買いそうになってしまいました。実家に行けばまだあるかも……と思って、何とか踏みとどまりましたが。
 危ないんですよね、古いマンガ。懐かしくってつい衝動買い。
 今日はどうにか思いとどまりましたが、川原由美子の古いマンガが書店に並んでいたら、実家にあるかしら、なんて思う前にレジに出してると思います……
posted by nakaji at 16:36 | Comment(4) | TB(0) | 読書記録>フィクション

2005年01月27日

カクテーシンコク

 カクテーシンコクに行って来やした。正確には確定申告書を作るための説明会。しかし実際は、説明を聞きながら申告書を作っちゃいましょうという会です。
 旦那さんに任せられちゃったので、ひとりで行って来たのですよう。私なんかに任せるなんて、旦那さんも無茶をする。
 とは言うものの、必要な書類は全部旦那さんが用意してくれて、更に今はネットで申告書を作れるのでそれも全部用意してくれて。なので、私はただ書類を説明会場に持って行くだけで良かったのですけれども。

 でもねえ。持って行くだけではあるのですが、やっぱりドキドキしていたのです。実はもう一昨日くらいからドキドキしていまして。根が小心者なもので。偏見かもしれないけれど、と言うかもろ偏見なのですが、税務署の人って何となく厳しそうな気がして。些細なミスも許さん! みたいな。

 受付時刻の20分前くらいに着くように行ったのですが、何を血迷ったか私、階を間違えまして。どういうわけだか会場は2階だと思い込んでいて、2階をうろうろうろうろ。
 ないじゃん……と、思わず泣きそうになり、案内の紙をよく見たら4階って書いてあった……orz

 どうにか15分前に到着し、書類は出来ているので税務署の人に見せました。
 税務署の人は、私のそれまで抱いていたイメージとは裏腹に、講談師の神田山陽似の物凄く人の好さそうな人でした。
 でね、提出した書類をこう、パラパラッと捲ってゆくわけです、山陽さんが。凄い勢いで。私にはただ捲っているようにしか見えなかったのですが、パッと手を止めて、ここがちょっと違いますねえ、と。ええっ内容見てたんですか、みたいな。
 そして、でも内容的に問題はないのでこれでもいいですよ、と山陽さん。一言一句見逃さないのかと勝手に思い込んでいた私は再度びっくり。
 でも、間違っているとわかっているのを提出するのはイヤなので、説明会のお話を聞きながら書き直しました……と書くと何やら真面目そうに見えますが、要は間違ったままでいて後々何か問題が起きたら怖いなということです。ビビりなのです。

 書き直した書類と既にOKの出た書類を合わせて山陽さんに提出。ぽんぽんっとハンコをついてもらって、ご苦労様でした。
 ふう……旦那さんのおかげで誰よりも早く終わることができました。旦那さんが書類作っといてくれなかったら、途中で気を失ってたかも。
 でも、税務署の人も親切だったのですけれどね。逐一、ここにはこう記入してください、わからない人は手を挙げて訊いてくださいって言って。
 税務署のイメージを改めますです。

 そういうわけで、私には荷が勝ちすぎると思われた作業ですが、何とかこなすことができました。
 そして。
 旦那さんがごほうびに私の大好物、舟和のあんこ玉と芋ようかんのセットを買ってきてくれました! わーい♪
posted by nakaji at 19:34 | Comment(2) | TB(0) | 雑記>身辺雑記