チンアナゴの日ですが

11月11日は「チンアナゴの日」なので先日撮ったばかりの鴨川シーワールドのチンアナゴを、と思ったのですが。  チンアナゴがあまりいない……  ニシキアナゴとヘコアユと。手前にいるのはよく見たらほとんどがシンジュアナゴでした。  同じ穴のムジナならぬ、同じ穴のアナゴ。  左はチンアナゴ、右はシンジュアナゴ。後ろにいるのもシンジュアナゴです。  シンジュアナゴがいることは気づいていたけど、チンアナゴより多いとは思いませんでした。  この日のために撮ったと言っても過言ではないのに、まさかこんな落とし穴があろうとはw

【続きを読む】

親子ジャンプ

約1年ぶりに鴨川シーワールドに行ってきました。 快晴で、最高気温23℃という11月とは思えない陽気。素晴らしい行楽日和です。 うっきうきでシャチたちに会いに行ったわけですが。 やだー、更に見分けがつかなくなってるー。 みんな同じくらいの大きさになってるし、技も上手になってるから、もう誰が誰やら。 ラビーはわかる。ランちゃんもアイパッチでわかる。ルーちゃんはまだ小さめだけど、パッと見だけじゃわからないことが多くなりました。ララはもう消去法で特定するしかない感じ。  さて、今日の写真はラビーとルーナの親子ジャンプ。  ルーナはもう、ど…

【続きを読む】

並ぶスズメ

並ぶちゅん。  もっと並ぶちゅん。  もっともっと並ぶちゅん。  久々にスズメの群れを見て和みました。  スズメはほんとに可愛いなぁ (*´∀`*)

【続きを読む】

首里城の写真

昨日の朝、テレビをつけたら首里城で火災が発生したと言っていて。 正殿、南殿、北殿が全焼した模様と。 それと同時に炎に包まれて骨組みしかなくなった建物が映し出されて絶句しました。 首里城には2回くらいしか行ったことがなくて、しかも最後に行ったのは2006年なのですが……何だろう、この喪失感。 ツイッターには、燃えている首里城の写真や動画に交じって、燃えている姿はもう見たくないからと以前の首里城の写真がアップされていて、ああ私も載せておこう、と。 少しでも多く綺麗な姿を残しておかなくてはいけないような気がして。 ブログにも残しておくことにしました。 以前…

【続きを読む】

「白銀の墟 玄の月(一)十二国記」 小野不由美

白銀の墟 玄の月(一)十二国記 (新潮文庫)小野不由美  十二国記、18年ぶりの書下ろし新作は戴国のお話です。  カバーイラストは戴の麒麟、泰麒。  戴は本当に不遇な国で、もともと北国なので冬の寒さが厳しい上、前の王が国を荒らして疲弊しきっていました。  やっと新しい王が即位したものの、わずか半年で王も、王を補佐する麒麟も消息不明になるという不幸に見舞われてしまいます。  それから6年。  ようやく泰麒が戴に戻りました。  実を言うと私、戴はあまり好きじゃないんですよね。戴と言うか、戴の人たちが。  大人たちは、幼いとは言え国の要である泰麒を可愛がりす…

【続きを読む】

灯台下暗しな金木犀

今年は金木犀の開花が遅くて、先週あたりからようやく香りが漂い始めました。 そこで、いつも見に行く木のところまで行ったのですが、まったく咲いている気配がなくて。 匂いはするのになぁ、いったいどこで咲いているのかなぁ……と思っていたら、よくスズメを撮りに行ったり蝋梅を見たりしているところに咲いていました。灯台下暗し。  今日の2枚の写真はそことは別の場所で撮ったのですが、こちらはこちらで灯台下暗し。  桜を始めとする春の花々を見に行く遊歩道に咲いていました。  毎年見ていたところの木よりも立派で、ずっとたくさんの花が咲…

【続きを読む】

読んでる?

10月12日。ついに出ました、十二国記の18年ぶりの新作。  私は18年は待ってないけど、16年くらいは待ったかもしれません。  と言うか、本編は18年ぶりだけど最近短編集が出たからな~と思ったんですが、それってもう6年も前なんですね(白目)  昨年、新作が出ると発表されたとき、まだ先だからシリーズ読み返しとこうと思ったものの、まったく手を付けないうちに発売日が来てしまいました!  でも、人物とか出来事とか、けっこう覚えててびっくり。  もちろん、小野先生がちゃんと思い出すように書いてくれているというのも大きいんですけど。  まだ1…

【続きを読む】

台風一過とタックの訃報

12日に上陸した台風19号が、各地に甚大な被害をもたらしてしまいました。 我が家周辺も夕方からの数時間は凄まじい暴風雨でしたが、幸いにも我が家は無事でした。 家屋へのダメージという点で言えば、先月の15号のほうがあったくらいです。 さて、台風のせいで全然三連休らしさが感じられなかった三連休明けの今日、鴨川シーワールドのセイウチ「タック」の訃報が発表されました。  ⇒セイウチ「タック」が死亡しました  1983年12月にロシアからやってきたタック。飼育年数は約36年。9頭の子どもをもうけたお父さんでした。  上のリンク先にある、搬入当時の写真…

【続きを読む】